量子ドットディスプレイ 2022新作モデル でおすすめアイテム。 技術開発実態分析調査報告書

「量子ドットディスプレイ」技術開発実態分析調査報告書

量子ドットディスプレイ 2022新作モデル 技術開発実態分析調査報告書 本・雑誌・コミック , ビジネス・経済・就職 , 経営 , 経営戦略,24800円,/campus623005.html,planetiz.ru,「量子ドットディスプレイ」技術開発実態分析調査報告書 量子ドットディスプレイ 2022新作モデル 技術開発実態分析調査報告書 本・雑誌・コミック , ビジネス・経済・就職 , 経営 , 経営戦略,24800円,/campus623005.html,planetiz.ru,「量子ドットディスプレイ」技術開発実態分析調査報告書 24800円 「量子ドットディスプレイ」技術開発実態分析調査報告書 本・雑誌・コミック ビジネス・経済・就職 経営 経営戦略 24800円 「量子ドットディスプレイ」技術開発実態分析調査報告書 本・雑誌・コミック ビジネス・経済・就職 経営 経営戦略

24800円

「量子ドットディスプレイ」技術開発実態分析調査報告書



■パテントテック社  

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2021年11月8日
■資料体裁:A4判、265頁、【CD-ROM版】
■ISBN:978-4-86685-693-3
<収録内容>
書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト)
およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ)
が収録されています



★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス

■本誌の特徴等

1.調査目的
 「量子ドットディスプレイ」に関する出願件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「量子ドットディスプレイ」についてどのような技術があるか、
 (2)各企業の技術開発はどのように推移しているか、
 (3)国内出願日基準「2010年1月~2021年6月」における関連技術の消長はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)2018年1月~2021年6月における企業および技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「量子ドットディスプレイ」の国内出願日:2010年1月~2021年6月に出願された公開特許について、検索、収集した。
報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は2,236件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の2つの部分から構成されている。

I.パテントマップ編
 A.2018年1月~2021年6月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.全般分析
 C.上位20出願人比較分析
 D.上位5出願人個別分析
 E.上位5出願人比較分析(1位半導体エネルギー研究所、2位ジャパンディスプレイ、3位三星電子G、4位エルジーG、5位富士フイルム)
 F.上位20特許分類分析
 G.特定特許分類分析
  G-1.特定特許分類分析(1)
   ・FIサブグループ分類(深さ13)
   ・Fターム分類(深さ10)
  G-2.特定特許分類分析(2)
   ・Fターム分類
 H.キーワード分析 ※キーワードは発明の名称、要約、請求の範囲から抽出した。
 I.弁理士(特許事務所)の動向分析

II.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「量子ドットディスプレイ」に関する国内出願日:2010年1月~2021年6月の出願、さらには2018年1月~2021年6月の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。


「量子ドットディスプレイ」技術開発実態分析調査報告書

Mr.Childrenデビュー30周年を記念した雑誌「SWITCH」特別編集号が5月11日に発売
表紙・巻頭には25ページに及ぶ最新撮り下ろしフォトストーリー&メンバー4人のロングインタビューを掲載。加えて、5/11リリースのベストアルバム『Mr.Children 2011-2015』『Mr.Children 2015-2021 & NOW』のアートワークや新曲「生きろ」のMV等を手掛けたアートディレクター森本千絵による30周年クリエイティブ解説インタビューも。そして、1998年から現在まで雑誌「SWITCH」が刊行した全11回にわたるMr.Children特集号を、スペシャルアーカイブとしてノーカット完全収録。Mr.ChildrenとSWITCHの“全軌跡”が詰まったオールカラー全480ページ、完全保存版です。
SWITCH

2003年に「ユニクロTシャツプロジェクト」として「UT」はスタートした。以来、世界中のアーティスト、クリエイター、ブランド、そして様々なジャンルの作品たちとコラボレーションを展開し、UTはユニクロというブランドを象徴するアイテムとなった。アート、漫画、音楽、映画、写真……UTがもたらす多種多様なカルチャーとの出会い。誕生から20年。進化を続ける「UT」の魅力を紐解く50ページ大特集です。

SWITCH

2003年に「ユニクロTシャツプロジェクト」としてスタートしたユニクロのTシャツブランド「UT」。以来、世界中のアーティスト、クリエイター、ブランド等とコラボレーションを展開し、ユニクロというブランドを象徴するアイテムとなった。音楽、映画、写真、アート、漫画、ゲーム……UTがもたらす多種多様なカルチャーとの出会い。誕生から20年を迎えたUTのこれまでと今をこの一冊に記録する。

SWITCH

表紙・巻頭には25ページに及ぶ最新撮り下ろしフォトストーリー&メンバー4人のロングインタビューを掲載。加えて、5/11リリースのベストアルバム『Mr.Children 2011-2015』『Mr.Children 2015-2021 & NOW』のアートワークや新曲「生きろ」のMV等を手掛けたアートディレクター森本千絵による30周年クリエイティブ解説インタビューも。そして、1998年から現在まで雑誌「SWITCH」が刊行した全11回にわたるMr.Children特集号を、スペシャルアーカイブとしてノーカット完全収録。Mr.ChildrenとSWITCHの“全軌跡”が詰まったオールカラー全480ページ、完全保存版です。

SWITCH

Mr.Childrenデビュー30周年を記念した、雑誌「SWITCH」特別編集号の刊行が決定。最新撮り下ろしフォトストーリー&メンバー四人のロングインタビューに加え、2017年のSWITCH特集「THE ARTWORKS OF Mr.Children」に、その後リリースされた2枚のオリジナルアルバム『重力と呼吸』(2018)、『SOUNDTRACKS』(2020)を加えた“完全版"として収録。 さらに雑誌「SWITCH」がこれまで刊行したすべてのMr.Children特集号を、スペシャルアーカイブとして完全収録します。