高い素材 当店在庫してます プラ代替 技術開発実態分析調査報告書

「プラ代替」技術開発実態分析調査報告書

当店在庫してます! プラ代替 技術開発実態分析調査報告書 本・雑誌・コミック , ビジネス・経済・就職 , 経営 , 経営戦略,/Jehovic623151.html,24600円,「プラ代替」技術開発実態分析調査報告書,planetiz.ru 本・雑誌・コミック , ビジネス・経済・就職 , 経営 , 経営戦略,/Jehovic623151.html,24600円,「プラ代替」技術開発実態分析調査報告書,planetiz.ru 24600円 「プラ代替」技術開発実態分析調査報告書 本・雑誌・コミック ビジネス・経済・就職 経営 経営戦略 当店在庫してます! プラ代替 技術開発実態分析調査報告書 24600円 「プラ代替」技術開発実態分析調査報告書 本・雑誌・コミック ビジネス・経済・就職 経営 経営戦略

24600円

「プラ代替」技術開発実態分析調査報告書



■パテントテック社 

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2020年8月3日
■資料体裁:A4判、254頁、簡易製本
■ISBN:978-4-86685-389-5



★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス


■本誌の特徴等
1.調査目的
 「プラ代替」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
 (1)「プラ代替」についてどのような技術があるか、
 (2)各企業の技術開発はどのように推移しているか、
 (3)国内出願日基準「2008年1月~2020年2月」における関連技術の出現・消失状況はどのようになっているか、
 (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、
 (5)2016年1月以降の出願における企業および技術の注目すべき動向は何か、
 (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、「プラ代替」の国内出願日:2008年1月~2020年2月に出願された公開特許について、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は 3,045 件 である。

3.報告書の構成
 本報告書は、I.~II.の二つの部分から構成されている。
I.パテントマップ編
 A.2016年1月~2020年2月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 B.全般分析
 C.上位20出願人比較分析
 D.上位5出願人個別分析
 E.上位3出願人比較分析(1位凸版印刷、2位大日本印刷、3位東レ)
 F.上位20特許分類分析
 G.特定特許分類分析
   G-1.特定特許分類分析(1)
    ・FIサブグループ分類(深さ13)
    ・Fターム分類(深さ10)
   G-2.特定特許分類分析(2)
    ・Fターム分類(深さ8)

 H.キーワード
  ※キーワードは発明の名称、要約、請求の範囲、産業上の利用分野から抽出した。

 I. 弁理士(特許事務所)の動向分析

II.パテントチャート編

4. 本報告書の特徴
● 「プラ代替」に関する国内出願日:2008年1月~2020年2月の出願、さらには2016年1月以降の出願の技術動向が分かりやすく把握できる。
● 本技術分野に関連する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる。
● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい。



はじめに

1.パテントマップ編

A.2016年1月~2020年2月の出願における新規出現した出願人、技術分類による動向分析
 2016年1月~2020年2月の出願における
  ・出願人別出願件数ランキング(上位50)
  ・技術分類(上位50FIサブグループ、上位50Fターム)別出願件数ランキング
  ・出願人別出願件数伸長率マップ(出願件数上位50)
 の4マップを掲載。
 【資料1、2】2016年1月~2020年2月の出願における新規出現したFIサブグループとFタームの分類リスト(上位100)

B.全般分析
 「テーマ」の全体動向について
  ・全体の技術開発ライフサイクル、ファミリー(優先国)マップ
  ・件数推移、出願人数推移、新規発明者数推移、新規技術分類数推移のマップ
  ・出願人、発明者、技術分類ごとの出願件数ランキングマップ
  ・期間、出願人を着眼点とした技術分類別出願件数マップ
  ・出願人、技術分類の出現・消失状況マップ
  ・出願人、発明者、技術分類の伸長率マップ
  などの24マップを掲載。

C.上位20出願人比較分析
 上位20出願人を比較分析するための
  ・出願件数、共同出願人数、新規発明者数推移を比較するマップ
  ・上位20出願人別出願件数最大伸び率・平均伸び率の比較
  ・上位20出願人と技術分類上位20の相関マップ
  ・審査権利状況
  ・出願件数の伸びと技術分類の構成率の比較
  ・技術分類数と発明者数による出願人分布
 など12マップを掲載。

D.上位5出願人個別分析
 上位5出願人をそれぞれ個別に分析を行うための
  ・各出願人の技術分類上位20による出願件数推移マップ
  ・各出願人の技術分類上位40とキーワード上位40による出現・消失状況マップ
  ・各出願人の技術分類上位20による最大伸び率・平均伸び率エクステンドマップ
  ・各出願人の独自技術分類、独自キーワードを分析するマップ
  ・各出願人の共同出願人
 など47マップを掲載。

E.上位3出願人比較分析(1位凸版印刷、2位大日本印刷、3位東レ)
 上位3出願人を比較分析するための
  ・各出願人の技術分類の出願件数、出願件数推移の比較マップ
  ・各出願人の出願件数の出現・消失状況、伸び変遷マップ
  ・各出願人と技術分類との相関マップ、出願人の技術分類別ランキングマップ
 など12マップを掲載。

F.上位20特許分類分析
 上位20FIサブグループ、上位20Fタームを分析するための
  ・前期間と後期間による技術分類の出願件数比較マップ
  ・技術分類別の出願人数、発明者数比較マップ
  ・出願件数、出願人数、発明者数の各推移マップ
 など10マップを掲載。

G.特定特許分類分析
 G-1では、FIサブグループ分類、Fターム分類を各一つ指定し、その技術分類における
  ・出願人別出願件数推移、新規出願人数推移、新規発明者数推移を分析するマップ
  ・分類の出願件数伸長率変遷マップ、出願人別出願件数ランキングマップ
 など12マップを掲載。
 G-2では、さらにFターム分類を複数指定し、それらの技術分類における
  ・出願人別、分類別出願件数の各ランキングマップ及び出願件数推移マップ
  ・Fターム分類とFターム分類、Fターム分類と出願人の各出願件数相関マップ
 など30マップを掲載。

H.キーワード分析
  ・キーワードの出現・消失状況を分析するマップ
  ・キーワードの伸長率を分析するマップ
  ・種類系キーワードの出願件数、出願人数、新規発明者数の推移マップ
  ・種類系キーワードの出願件数の伸びと構成率比較
 の6マップを掲載。

I.弁理士(特許事務所)の動向分析
  ・弁理士別の出願件数ランキングマップ、出願件数推移マップ
  ・上位40弁理士と上位20FIメイングループの相関マップ
 の3マップを掲載

II.パテントチャート編

パテントチャートでは、特定の出願人を指定し
 ・公報図等を含む時系列チャート、Fターム分類と発明者のマトリクスチャート分析
 ・特定Fターム分類の技術分類マトリクスチャート
 ・注目特許のサイテーションマップ
など6マップを掲載。

III. 総括コメント
参考資料
【資料3】出願人統合リスト
【資料4】上位5出願人の発明者リスト
【資料5】パテントマップ・パテントチャートの種別と見方









「プラ代替」技術開発実態分析調査報告書

「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

新着

TAP the SCENE

欲望〜スウィンギング・ロンドンと60年代ポップカルチャー

『欲望』(BLOW-UP/1967) 1960年代のある特定の時期(つまり1965年〜67年頃)におけるロンドンは「スウィンギング・ロンドン」と呼ばれて、間違い…

TAP the SCENE

アーバン・カウボーイ〜都市開発で失われつつある男たちの“汗の精神”を描いたヒット作

『アーバン・カウボーイ』(Urban Cowboy/1980) カントリー歌手として鳴かず飛ばずだったミッキー・ギリーに転機が訪れたのは1971年。テキサス州ヒ…

TAP the SCENE

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ〜キューバの老ミュージシャンたちを蘇らせた二人の男の旅路

『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』(BUENA VISTA SOCIAL CLUB/1999) ライは常にハバナのことを考えているようだった。懐かしそうな表情…

TAP the SCENE

ALI アリ〜マルコム・Xやサム・クックに鼓動したモハメド・アリ

『ALI アリ』(Ali/2001) 2016年6月3日、74歳で亡くなったモハメド・アリ。ボクサーでありながら、スポーツの域を超えて多くの人々に勇気を与えてリ…

TAP the STORY

PANTA27歳〜頭脳警察の解散後のソロワーク、そして新バンドPANTA&HALの始動

1975年12月31日、PANTAは頭脳警察を解散させた。 解散の約4ヵ月後には1tsソロアルバム『PANTAX’S WORLD』(1976年4月5…

TAP the DAY

愛されつづけるロン・ウッド〜憧れのローリング・ストーンズに加入したターニングポイント

「ロニーとはストーンズに入る前から一緒にプレイしているんだ。ヤツと一緒にやるのは楽しくてね。ある時から“ロニーはストーンズに入るべきだ”と思うようになった。ヤツ…

TAP the SCENE

いまを生きる〜「本当の学校教育とは何なのか?」を力強く教えてくれる不朽の名作

『いまを生きる』(Dead Poets Society/1989) 「学校教育」の意義が問われ始めてから、もうどれくらいの歳月が経つだろう。進学するための勉強を…

TAP the SCENE

ストリート・オブ・ファイヤー〜流れ者の美学とロックンロールの寓話

『ストリート・オブ・ファイヤー』(STREETS OF FIRE/1984) 1980年代ほど良質な青春映画が量産された時代はないだろう。このコーナー「TAP …

TAP the SCENE

ビッグ・ウェンズデー〜人生で大切なものを失ったことがある人たちへ

『ビッグ・ウェンズデー』(Big Wednesday/1978) 生きていれば誰もに十代という日々があるように、生きていれば誰もが年を重ねながらその意味を少しず…

TAP the NEWS

遠藤賢司の名曲カレーライス〜日常の中に描かれた三島由紀夫の切腹自殺

君も猫も僕も みんな好きだよ カレーライスが 君はトントン じゃがいもにんじん切って 涙を浮かべて たまねぎを切って バカだな バカだな ついでに自分の手も切っ…

TAP the NEWS

伝説の白鯨になった男〜稀代のドラマー“ボンゾ”の神がかったプレイに酔いしれて

ロックファンの間では“ボンゾ”の愛称で広く親しまれているレッド・ツェッペリンのドラマー、ジョン・ボーナム。 ロック黄金期(60〜70年代)の音楽をかじった経験の…

Extra便

あのIT起業家が約50億円を自腹で投じて開催した夢のロックフェス

史上最大規模のロックフェス『US FESTIVAL』(アース・フェスティバル) もし自分の好きな音楽のアーティストだけを集めて、大規模なライブやコンサートを開け…

SNSでも配信中